Alaska



待望のアラスカへオーロラを見に行ってきました。
シーズンとしては年が明けてから、という話ですが、基本的に9月からオーロラは見ることができます。
2月〜4月がいい季節ではないかと思います(寒いでしょうが)。
私がいったときにはだいたい-20℃くらいでした(昼間の気温)。
夜はもうちょっと冷え込むと思います。かなりの重装備でいったのでそんなには寒くなかったです。
そこで、服装などを含めて色々と紹介していきたいと思います。
ちなみに私が行ったところはFairbanksから70mileほど離れたChena Hot Springsです。


アラスカでの服装
オーロラの撮影
ばってんが撮影した写真



アラスカでの服装
まず服装からですが、厚手の服が必要です(当然か)。
現地でも調達可能ですので基本的には問題ないと思います。

:お店がFairbanksのVisitorCenter(1st street)の近くにあります。
  VisitorCenterの前の1stを越え、駐車場を横切り2nd streetへ行きます。
  そこから左へ歩けば、すぐ右側に見えてきます(名前は失念。Bigなんとか)。
  値段はSorelのもので$100弱。だいたい-35℃まで耐えれるものが$90くらいで売ってました。
ズボン:スキー用のズボンの下に、ステテコのような厚手のズボンとジーンズ。
上着:ダウンのコート(厚手のものが○)にタートルネックなど。
   コートの下には3枚くらい着込むといいです。
手袋:スキー用のものと、薄手の手袋(軍手可)。
帽子:靴と同じところで買えます。耳当てがあるタイプを絶対に購入。
靴下:厚手のものがいいですが、いい靴を買っていれば普通のものでもOK。

こんな服装で十分だと思います。ただ、3月あたりはもっと寒いでしょうから、
もうちょっと考えた方がいいかもしれません。
私ももう一度3月に行ってみたいと思っています。


オーロラの撮影
今回頑張ってオーロラのためだけに一眼レフカメラを購入しました。
マニュアルカメラ(寒さのためオートフォーカスではきついので)を購入しました。
本体:Minolta X-700
レンズ:MD 28mm F2.8(Used)
フィルム:ISO 800
バッテリ:SR44(リチウム) 私が思うにレンズはF2.0くらいがいいと思いました。
私の写真を見る限り、結構ぼやっと写っています。
思ったよりもオーロラの動きは速かったのでF2.0くらいではないとはっきりしないかもしれません。
次にいくことがあったら絶対にF2.0以上のレンズを買うつもりです。
また、念のためにAFも買ってもいいかなあ。金が飛んで行く・・・。
さて、800でも結構いい感じで写せます。400だとシャッタースピードが遅くなるし、
1600だと荒くなりすぎるのではないでしょうか。といっても1600なんてなかなか売ってませんが。

さて、撮影のほうですが、大体10秒から15秒を目安にシャッターを開きました。
当然F2.8に設定してあります。
オーロラの明るさにもよるのでしょうが、こればかりはいくつかとるしか方法がありません。
目安としては10秒ちょっとだと考えています。
F2.0なら5秒くらいでいいのでそのほうがよりはっきり帯とかが写ると思います。
少々高いかもしれませんが、どうしても写真に収めたいならF2.0をお勧めします。

さて、AFのほうですが結構寒さにやられるようです。
フィルムのほうは-20℃なら問題ないようです。バロー(最北端の町)でなければ
大丈夫じゃないかと思います。
ただ、寒さで電池切れを起こしてしまうようなので、AFの場合、バッテリーパックを
懐に入れて使ったほうがいいでしょう。また、結露には注意という話をよく聞きます。

オーロラを観測するためのロッジがあるのですが、人が全然いなかったので、
使いたい放題でした。ただ、電気がつかなかった・・・。
でも、結露防止のためにロッジの中の温度を上げすぎないようにできたので
結構楽に撮影やセッティングができました。
3月あたりは混むことでしょうねえ。うーむ。
本当にもう一度行きたい!!


ばってんが撮影した写真
チェナホットスプリングです。現地に付いてすぐに撮影会に出かけました。
川が流れていて湯気がすごかったです。
現地の人曰く、「チェナはだめだ。サークルへ行くんだ。」だそうです。
次はサークルへ行こうっと。
泊まったロッジが左側にちょこっと見えます。
しかしここは、テレビはない、電話はない(公衆電話が一台ありました)、何にもないとこです。
当たり前か・・・。一応シャワーが部屋についていましたが、隣の部屋と共用でした。
隣の部屋に宿泊客がいなかったからまだよかったですが。
ここには露天風呂、ジャグジー、プールがあります。
チェナの2日目、午前11時くらいに撮影しました。
晴れていたので夜に期待していたのですが見事に曇りました。
深夜2時にやっと晴れたのですがさすがに終わってしまっていたようです。
翌日に期待!
眠たい目をこすりながら、朝の7時にFairbanksまで来ました。
3日目はArctic Circleに観光に行くツアーに参加する日でした。
5時にチェナを出発して7時にFairbanksに到着。眠すぎ。
VisitorCenterは川を挟んで向こう側のところです。
ちょうど、教会があって無料駐車場があったのでそこにしました。
ちなみにVisitorCenterには木曜、金曜に日本語が話せる人がいます。
Finger rocksだったかな。-20℃くらいなのですが、風が強くて死にそうでした。
運のいい日本人観光客がここでムースを見たそうです。Jimが楽しそうに話してくれました。
JimはArctic Turtle Toursの人でとてもやさしい人でした。
その日本人は、ムースを見て悲鳴を上げていたそうで、Jimはなんで悲鳴をあげているんだろう?
と疑問に思っていたそうです。私もムースを見たかった・・・。
北緯66.33度! ついに北極圏に到達しました。
そんなには寒くなかったのですが、だーーーーーれもいないところです。
いるとすれば、Pipeline工事の人だけです。
自分でArctic Circleに行かないように。とても無理だと思います。
途中にはお店もなければガソリンスタンドもないですから。
Arctic Circleからもうちょっと北に行ったところで撮影しました。
風景的には何があるってわけでもありません。
12時前にここについたのですが、夕焼けみたいになってます。
幻想的だったので一枚とって見ました。
川です!
帰る途中に見たきれいな夕焼けです。本当にきれいでした。
また行ってみたいと思いました。
この後、The Turtle ClubというところにJimが案内してくれました。
Prime Ribがとてつもなくおいしいところでした。
もし、そこへ行くことがあって、「Are you a turtle?」と聞かれたら、
迷わず「You bet your sweet ass I am.」と答えましょう。
そうしないと、そこにいる人全員におごることになるでしょう。
※もしこれを知っていて、私が間違えていたら教えてください。
待望のオーロラが最終日に見れました。
とても小さいオーロラで喜んでいた自分が恥ずかしい。
こんな巨大なものだったんですね・・・。ため息が出ました。
赤いオーロラの線がカーテンを閉めるように走って、このオーロラを作った瞬間です。
残念ながら赤い色は出ませんでした。緑にかき消されてしまったのかなあ。
結構きれいに取れています。でもまだまだ満足できないです。
1600を使うべきなのでしょうか。それよりもレンズを・・・。
まずは1600を試してみようか・・・。
これもなかなかきれいに撮れた写真です。
赤もすこーしだけ出ていますねえ。肉眼では確認できませんでしたが、
実際はちょこっとだけ出ているんですね。
もうちょっと目を鍛えないと。
最後に私が改心と思っているショットです。
20枚くらい撮影した中でもよくとれていると思います。が、いかんせんぼやけています。
次に行ったときにはもっとがんばってとろうと思います。果たして3月にいけるか!?
オーロラの写真の感想お待ちしております。