New York



ニューヨークは、マンハッタン島を遊び回ってきました。
4日間をフルに使って、自由の女神やエンパイアステートビル、国連などを回ってきました。
遊ぶところはいくらでもあるニューヨークですが、夜は危険なところがいっぱいですので、
気をつけて行動した方がいいと思います。特に日本人は狙われやすいと言う話ですし。
南北に走っているAvenueは夜でも(深夜はちょっとわかりません)人通りが多いので、
そこまで危険ではないでしょうが、Street(東西に走っている道)は人通りが少ないので、
どうしても横切りたいときには、車や人通りのあるところまで行った方が無難です。
ちょっと大回りしてでも、自分を危険にさらすよりはいいと思いますが、いかがなものでしょう?
余談ですが、ここのIMAXシアターは是非是非ごらんになってください。
間違いなく感動すると確信しています。


Rockfeller Center
Statue of Liberty
Trinity Church
World Trade Center
St.Patrick's Cathedral
The United Nations
American Museum of Natural History
Central Park
Metropolitan Musium of Art
Empire State Building
Musical
Hotel(おまけ)



Rockfeller Center
ロックフェラーセンターの中央にある公園を撮影したものです。このすぐ近くには
セントパトリックス寺院があります。
この中には、NBCスタジオがあり、多くの人が訪れるようです。
私も行ってはみたのですが、残念ながらチケットは売り切れでした。
どうしても行きたいのなら、朝早くに自分が希望する時間のチケットを買っておけばいいでしょう。
Statue of Liberty
自由の女神をリバティー島内から撮影しました。
自由の女神は、台座までエレベーターで行くことができますが、醍醐味はなんと行っても
王冠まで上ることだと思います。王冠まで行くとなると300段くらい上らなくてはいけないのですが
はっきり言ってきつかったです。上りはいいのですが、下りが大変です。
太股がつりそうになり、翌日と翌々日は筋肉痛に悩まされました。
だいたい、上りはじめてから2時間は見て置いた方がいいでしょう。
それがいやなら、9:15が第一便ですので、それにのり、一階の出口付近で待機しましょう。
そうすれば、ほとんど先頭で自由の女神に上ることができます。
台座を上りきるとちょっとした空間にでます。
そこからは自由の女神内部を眺めることができます。
ちなみに内部はエアコンがかかっていますので蒸し風呂状態にはなりません。
あと、本を持っていくとよい、と本には書いてありますが、暗くて読めないと思いますが。
まあ、気合いを入れれば読めるでしょうが、私はおすすめしません。
友達と一緒に行っていろいろしゃべりながら上った方が楽しいでしょう。
これこそクラウンから外を撮影した写真です。
ここまではまだまだ元気だったのですが・・・。
自由の女神の右腕が見えます。
王冠のスペースはほとんどないので、通過するだけです。
たくさん写真を撮って後の人に迷惑になるようなことだけはやめた方がいいです。
さっとみて、さっと写真を撮ってさっと降りる。
でも、降りるのは大変なんだよねぇ。
台座の中にある博物館には自由の女神の模型があります。
自由の女神の後ろを取り除いた構造が見られます。
その写真がこれです。良くできてます。台座の中までしっかりと。
そのほか、世界各国(多分)から届いた自由の女神の写真や絵なども飾ってあったりと
時間は結構つぶれますので早めに渡ることをお薦めします。
リバティー島の先っぽから撮った自由の女神です。
これが夢にまで見た自由の女神だ、と少し感動しました。
リバティー島自体そんなに大きくないので一周するのに30分もかからないでしょうから
散歩するつもりで歩き回ると気持ちいいです。
また、エリス旧移民センタ(?)に帰りによって見るのもいいと思います。
行き方は、South Ferryへ戻る途中に停泊する島がそうです。
アメリカ全土に居る各人種の人口を見る機械がおいてあったりとおもしろいです。
ちなみにカリフォルニアはどの人種もトップ3に入っていました。
フェリーからマンハッタンを撮影した写真です。
「摩天楼はバラ色に」という映画で結構あこがれていました。
ただ、マイケル・J・フォックスが乗っていたフェリーは多分私が乗っていたものとは
違うと思います。だって、船外の両サイドにはベンチなんて無かったですから。

Trinity Church
ウォール街から撮影したトリニティ教会です。
なんでも、マンハッタンで(ニューヨークで?)もっとも古い寺院なのだそうです。
といってもこの建物自体は2度改築されています。
中に入ろうかとも思ったのですが卒業式をやっていてそのまま素通りしてしまいました。
素通りしたおかげでニューヨーク証券取引所に行くのをすっかり忘れてしまっていたはってんでした。

World Trade Center
言わずとしれたワールドトレードセンターです。
世界一(第二位?)高いこのツインタワーは、写真のように結構な高さがあります(全然わからんけど)。
ここは窓際にベンチが備え付けられていて(本当に窓際)下を眺めることができます。
私は何とも思わなかったのですがいった人は「ワールドトレードセンターは怖い」といいます。
高所恐怖症の方は窓には近づかないようにした方が賢明です。
外にももちろん出ることができます。
えっと、右側がブルックリン橋で、左側は???。
南側には自由の女神が豆粒ほどに見えます。
北側にはエンパイアステートビルやクライスラービル(見えたっけ?)が見えます。
106階(だったと思う)にあるマンハッタンのミニチュア模型です。
大変良くできていますがこれって何年前の?という疑問はやめておきましょう。
この先で映画を見ることができ、若干ですが席が動きます。
酔いやすい人でも何とかなるレベルだと思います。
無料で見れますので是非ご覧ください。

St.Patrick's Cathedral
かの有名なセント・パトリックス大聖堂です(Cathedralなので私はこう訳します)。
道を挟んで撮影を試みたのですがそれでも入りきれませんでした。
巨大な教会なので、こんなところで挙式をするカップルは目立つこと請け合い。
ハワイもいいけどニューヨークもよさそうですよ!
さて、中に入って撮影してみました。
ステンドグラスがとても幻想的で私的にはとても良かったと思っています。
ただ、私がカトリック教徒でないからか何故だかはわかりませんが、
とにかくそこにとどまれないような何かを感じました。
ゾクゾクするというかなんというか。そんなことをあなたは感じませんでしたか?

The United Nations
42th Streetを東に端まで行くと着ける国連ビルです。
正面(Visitor Center入り口付近)から撮影した各国の国旗です。
ちなみにこの国旗は土曜、日曜はありませんので気をつけてください。
また、日本語ツアーを希望する場合は朝9時くらい国連へ電話してください。
その日のスケジュールを教えてくれます。前日にかけても決まっていません。
私が思うに、最初に電話した人の都合のいい時間がツアーの開始時間だと思います。
あと、入り口の金属探知器は異常に性能がいいのでポケットの中身(小銭含む)は全て出しましょう。
私はこれでかなりはまりました(最後に残ったのはPagerでした)。
もうどれがどの会議室だったか忘れてしまいました。
ここは確か常任理事国や非常任理事国が会議をするところだったと思います。
あれー? 違うような気がするぞ。
間違っていたら指摘してください。
うーん。なんの会議室だったんでしょうねえ。
もっと早くアップする予定だったので覚えてはいたのですが、写真がなかなか仕上がってこなかった
からその間に忘れてしまいました、と言い訳。
国連に加盟している国々が会議をするための部屋です。
なんでも、座席はくじ引きで決まるそうで、一番先頭の一番左(撮影したところから見て)の
国を決め、後はアルファベット順に座って行くそうです。
国連の庭です。
この季節(6月末)は庭に植えられた各種様々なバラが咲き乱れるそうで
せっかくですので散歩してきました。
が、暑さのため途中で断念。カリフォルニアで生活しているとあの湿度には耐えられない。

American Museum of Natural History
アメリカ自然史博物館です。
入り口はセントラルパーク側6th Ave.にあります。
地下鉄で行ったら偉い迷ってしまいました。
こういった恐竜の化石や進化の形態が学べます。
なんという恐竜か忘れてしまいました。すみません。
ちなみに私が行ったときにはダイアモンド展をやっており、どういう風にダイアモンドができるか、
ダイアモンドの原石をどういう風にカッティングするか、また世界中のダイアが展示してあります。
おもしろかったのは握力計がおいてあって強く握ると、何回にぎにぎすれば炭がダイアモンドになるか!
なんて物が置いてありました。
別に恐竜の化石しかおいてなかったわけではありません。
他にもいろいろとあったのですが写真は撮ってきませんでした。

Central Park
セントラルパーク内にある噴水です。
この裏には池があって、ボートが浮かんでいました。
ボートに乗りたかったのですが、時間の都合上乗れませんでした。
まあ、男一人で乗ってもしょうがないと言えばしょうがないのですが。
「不思議の国のアリス」の像です。
他にもいろいろと像があるようなのですが、この次にメトロポリタン美術館に
行かなくてはならなかったので、全部を見て回る暇はありませんでした。
ちょうど、SonyのIMAXシアターからくると、噴水や、不思議の国のアリスを
みることができます(そういう道を通れば)。

Metropolitan Museum of Art
超巨大な美術館です。月曜日は休館日ですので訪れる際は気をつけてください。
世界中の美術品が集まっている美術館で、一日かけてじっくりとみたいです。
ばってんの場合、1時くらいに行ったので、自分のみたいところを重点的に回り
その他は軽く流す程度にしました。それでも、5時間近くかかりました。
とにかく、迷路のようになっていますので、道に迷ったときには、警備員に聞きましょう。
ただし、決して日本語のFloorPlanを見せないように。
ちゃんと、英語と日本語の両方を持っていき、わからなくなったら英語のマップを見せて聞きましょう。
一階北東側にあるエジプト美術で撮影したものです。
神殿か何かの入り口付近を再現したもので、当然本物が使われています。
結構警備員の人がうろうろしているのですが、怒られている人が多いですね。
ここでも、「あー、疲れた」という感じで、柱に手をやった人がいて、
警備員に「さわるな」と怒られていました。
武器、鎧、兜が展示してあるエリアです。私がみたかったものの一つです。
中世時代は皆こんな格好をして戦いに赴いたのですね。
一度きてみたいのですが、いったいどれくらいの重さがあるのでしょうか?
ちなみに、日本刀や鎧も置いてありました。
季節によって上れたり上れなかったりする屋上エリアです。
せっかく行ったので、休憩するつもりで上ってみました。
眺めはセントラルパークの逆側(東向き)だったので、あまりよくありませんでした。
でも、一息つくにはもってこいです。ここなら飲んで食べてができますから。

Empire State Building
エンパイアステートビルから撮影したクライスラービルです。
この日は、風の影響でか、最上階まであがることができませんでした。
寂しく、86階で夜景を楽しんできました。
ちなみに、私は夕方の6:30から9:30までいました。疲れた・・・。
この画像には明かりがともる前と後のクライスラービルをみることができます。
是非、画像をクリックしてみてください。
ちなみにnon-Java版の夜の風景はこちら。
ここで撮った写真の半分が手ぶれにより失敗しています。
なんとか生き残った写真がこれです。
もし、エンパイアステートビルで夜景をとるつもりならば、小型の三脚を持参した方がいいです。
そうでないと、800で撮ったにも関わらず、露光時間は1秒くらいでしたから。
自分でも、よくここまで撮れたなと感心してたりするくらいですから。

Musical
「レ・ミゼラブル」「オペラ座の怪人」「サウンド・オブ・ミュージック」を観てきました。
とってもいいミュージカルですので機会がありましたら是非行ってみてください。
Webからの予約は、こちら「Tele Charge」へどうぞ。
また、別のWebページにもそのほかのミュージカルが予約できます。
Ticket Master」を見てみてください。
Ticket Master」ならTitanicも予約できますよ。
もしよく英語が分からなければメールしていただければ直接的なアドレスもお知らせできます。
「レ・ミゼラブル」を公演していたところを納めました。
当然みてきたのですが、リズムに合わせて台詞を言うのでちょっと英語が聞き取りにくかったです。
ちなみに中での撮影は法律で禁じられていますので(StateなのかFederalなのかはわかりませんが)
撮影しないようにしましょう。怒られます。
内容自体は結構理解できた方だと思います。私的にはCosetteよりEponineに目を奪われてました。
だって、あの意地悪娘(死語・・・)がねえ。
二日目の夜に見た「The Phantom of the Opera」です。
ばってんは英語が堪能ではありません。ですから、内容がよくわからなかった・・・。
本筋はある程度知識があったので良かったのですが、とにかく英語が聞き取りにくい。
あくまでも私のレベルで聞き取りにくい、ということです。
英語に自信がある!という人以外にはばってんはお勧めしません。
最初に見るべきだったと思った「サウンド・オブ・ミュージック」です。
だって台詞を歌にあわせて歌わないから、とても聞き取りやすいのです。
初心者の方にはまずこれを見て慣らすことをした方がいいかも。
要はドレミの歌です。
Doは雌鹿、Rayは太陽光線、Meは私、Farは遠く、Sewは縫うこと、Laは?(教えて!)、Teaはお茶だそうです。
全然違いますね。

Hotel
おまけです。
私が宿泊したRemingtonというホテルです。
46th Street@5th Ave.と6th Ave.の間にあります。
ベッドはシングルサイズで私には小さかった・・・。
外装はともかくホテル内部は結構きれいでお値段の方も$169(税抜き)とそこそこ。
ブロードウェイにむちゃくちゃ近いことを考えれば安いと思いました。